「菜月アイル」ライブで伊勢佐木町を盛り上げる!取材レポート

2013.1.5の取材レポート

2013年1月5日(土)
「菜月アイル」ライブで伊勢佐木町を盛り上げる!
~警察からうるさいとの注意も~

2013.1.5

「アイドルで関内を盛り上げよう」という野望を持ちつつ活動されていたアクティブ ヨコハマ 渡辺明信氏。ある日アイルさんとの出会いが、そして、彼女の
『Go my way LIVE ~明日という光のある先に~』の曲に惚れ込み、ライブに通うこと十数回。

そして、なんと、彼女のライブを主催することに。
会場は、ゆずも演奏したという伊勢佐木町CROSS STREET。

彼女にとってもグループから独立しての勝負を賭けてのワンマンライブ!
これは、重大な責務である。
渡辺氏とアイルさんの営業力で、チケットは完売。

さて、どのような内容だったかというと、
紙芝居を得意とする渡辺氏は、主催者挨拶も紙芝居形式で、
「がんばって!」の声援もとびながら、無事終了。

アイルさんは、アンコールを含めて、11曲熱唱。
バラード以外は、アイアイ応援隊の警察から注意が
入るぐらいのヲタ芸
「タイガー!ファイアー!サイバー!バイバー、ジャージャー!」
半端じゃない盛り上がり!すごすぎる!
アイアイ応援隊の方々は、一番後ろで立って応援しているのであるが、
この盛り上がりに観客も前を見つつ、後ろも見つつと忙しい。
ほんとうに、すごかった。

そして、もう1つの伊勢佐木町を盛り上げるとの想いのもとに、
えんぴあーるの映像担当 田畑邦浩氏にお願いし、時間がタイトななか
作成した渾身のオープニングとエンディング映像。

オープニング映像では、伊勢佐木町商店街の紹介映像。テンポ良く、
商店の写真が入ってくる。お店に行ってみたくなる映像。
そして、アイルさんの好きな色を聞き出し、名前と曲名に、オレンジと
緑を使うという気の使いよう。さすがである。

エンディングのスタッフロールでは、川戸さんの
「Rockin’ YOKOHAMA 150 ‘大合唱ver.’」の
のりのよい音楽にのせ、歌詞の坂道や港の見える丘などにあわせた写真が、
ぴったりあっている。
これは、すごい!まさしく、ライブに華を添えている。

最後にアイルさんのライブの感想をブログより引用
「主催の方協力してくれた方などが、オープニングの映像なども準備してくれて、
嬉しくてニヤニヤとまりませんでした」
「でもここまでやれたのは、主催してくれた方々やサポートしてくれたみなさんが
いてくれたからです。
ただ一番印象深いのは、うるさすぎて警察が来ちゃったこと、もう一生忘れない、
それくらい楽しい、それくらい盛り上がった!!」

アイルさんにここまで言ってもらえば、次回を計画しない手はないでしょう。
次は、どんなことを企画するのでしょう。
渡辺氏の夢ははじまったばかり。

えんぴあーる:市原(記)

<主催>
アクティブヨコハマ

<企画>
アテナ音楽出版/アクティブヨコハマ/フィールズプランニング/えんぴあーる

<協力>
協同組合伊勢佐木町商店街/Masakazu Kawato & SPACY DUCKY